• Hiroshige FUJII

公開シンポジウム開催の報告

2018年12月21日に宇都宮大学国際学部藤井広重研究室とUIPJとの共催による公開シンポジウム「文民の保護とは何か─コンゴ民主共和国と国連PKO─」を無事に開催することができました。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。学生のみなさんも、先行研究と一次資料を丁寧に扱った今後もとても期待ができる素晴らしい報告でした。一生懸命準備されてきたのが伝わりました。詳しい内容はUIPJのHPをご覧ください。https://ameblo.jp/uipj/entry-12428699522.html



【シンポジウムのスケジュール】

1.開会 司会: 新井南歩・佐藤正樹(B2)

2.基調講演 北丸薫子様(内閣府PKO事務局)

3.UIPJメンバーによる研究報告

 ①国連PKO公平性の原則からの視点

  北川瑛・原口愛(B2)

 ②国連PKO同意原則からの視点

  ─文民を“誰から”守るのか─

  中村茉央・福原玲於茄(B2)

 ③介入旅団と文民の保護の関係性

  井手之上健太(B2)

4.コメンテーターによるコメント

  清水奈名子先生(宇都宮大学国際学部)

  横山友輝(B2)

5.ディスカッション/フロアからの質疑応答

6.閉会

最新記事

すべて表示

2019年度宇都宮大学SDGs推進奨励賞成果報告会

2019年度宇都宮大学SDGs推進奨励賞成果報告会にて藤井研究室がプレゼンテーションを行った 『地域社会と共に広める「平和」と「公正」―SDGsの達成に向けた世界を旅する謎解きゲーム―』に対し、飯村会長賞が授与されました。関係者の皆様方、ありがとうございました。 ゼミ生の皆さんもお疲れ様でした。後期も変則的な面もあるかと思いますが、体調管理に気をつけながらそれぞれの目標に向かって頑張りましょう。

Newly published「持続可能な開発目標(SDGs)の地域社会における実践と課題 − SDG16(平和と公正)をめぐる国際規範と地域性についての試論−」他

・「持続可能な開発目標(SDGs)の地域社会における実践と課題 − SDG16(平和と公正)をめぐる国際規範と地域性についての試論− 」宇都宮大学国際学部研究論集 第50号 109 - 120頁、2020年9月。 ・Global Week to #Act4SDGs の期間に合わせ、連続セミナー「SDG16(平和と公正をすべての人に)の達成に向けた国際機関の役割と現場から見える今後の課題」を開催しま

Copyright  since 2018 Hiroshige FUJII All Rights Reserved.