F's Seminar 2021

  • Reona FUKUHARA  (M1)

  • Tomoki YOKOYAMA(M1)

  • Ai HARAGUCHI (B4)

  • Akira KITAGAWA (B4)

  • Sumire KIKUCHI (B4)

  • Ayaka SAKAKIBARA (B4)

  • Atila NASIER (B4)

  • Hitomi SUZUKI(B3)

  • Kakeru KIKUCHI (B3)

  • Ren ARAI (B3)

2019-09-25 16.35.05.jpg

・『日本の国際協力 中東・アフリカ編:貧困と紛争にどう向き合うか』(担当:分担執筆, 範囲:23 対マリ援助ー安定の先にあるさらなる発展の可能性;38 対スーダン援助ー独裁と天然資源からの脱却に向けて;39 対南スーダン援助ーODAと平和構築;(コラム 5)平和構築と国際刑事裁判所;[共著]東アフリカ地域解説ーサブサハラ・アフリカにおける日本援助の重点地域) ミネルヴァ書房 2021年8月。https://www.minervashobo.co.jp/book/b577607.html 


・「国際刑事裁判所(ICC)の設立とアフリカによる関与の実態」アジア・アフリカ研究 61(3) 49-68 2021年7月(査読有り)。

⇒本稿に基づく研究報告の機会を頂いております。

 アジア・アフリカ研究所、2021年11月14日(日)15:00-17:00。


・都市出版『外交』Vol.69にて「スーダン、バシール前大統領の国際刑事裁判所引き渡しに合意」についての執筆依頼を頂きました。外交WEB http://www.gaiko-web.jp/archives/3687


次の研究報告の機会を頂きました。

・日本平和学会2021年度春季研究大会 アフリカ分科会「アフリカの司法化に関する検証: アフリカ連合における国際刑事裁判所をめぐる議論の展開とその変容を通して」2021年5月30日。


次の研究会にて討論者を務めさせていただきます。

学生平和研究会 23日(土)14時~16時

・日本国際政治学会 2021年度研究大会アフリカ分科会(https://jair.or.jp/2021convention-online/program/day2.html#session_01 )10月30日。



・『「Global Week to #Act4SDGs」参加プロジェクト コロナ禍のもと、 国際人権について考える(9/17、9/24、10/1)』を無事盛況に終えることができました。多くの方にご来場いただきました。皆様ありがとうございました。学生の皆さんもお疲れさまでした。

https://www.utsunomiya-u.ac.jp/topics/education/009243.php












  • Hiroshige FUJII

B3 Kakeru KIKUCHI


The first semester at the university is over, and we have been on summer break since August. However, due to the expansion of COVID-19, non-essential outings are restricted, and we are neither free to meet with friends nor go anywhere we want. Therefore, I think most of you spend time at home. We have been living like this for more than a year and a half now, and maybe some of you are feeling bored at home anymore. Therefore, at this time, I would like to introduce to you something for fun that everyone can enjoy at home.

Watching movies, listening to music, reading books, and or doing exercise-like workouts might have been your favorite pastime as far. Of course, I also like to watch movies and read books, but I would like to introduce picture books to you. I am sure you all had read picture books when you were little. You can find numerous picture books that make you smile, move you, and incorporate playful elements, just like those you loved as a child. Many picture books are illustrated with many colors so that children can enjoy reading them, but the one I want you to introduce is not.



This picture book is in Spanish, and its title is "El libro negro de lo colores," which means the black book of colors. One of the characteristics of this book is all the parts other than the text are entirely black, and no color is used. So how do you read this book? It can be understood by touching the book. Instead of using colors, all the pictures are drawn with small bumps in this book, and the text is written in Braille. That's right. This book is designed for blind people.

Picture books are not just for children, and they are not just for people who can see. When I found these kinds of picture books, I changed my mind about them. Some picture books are inspiring even for us to read, and some can even be viewed as works of art. Also, another wonderful feature of picture books is that they never fade away, no matter what time of the year it is. Some of the picture books that we read when we were children are being read by children today. Therefore, I would like to keep the picture books I have been collecting and show them to my children when I have children in the future. Why don't you look for your favorite picture books when you go to a bookstore?



宇都宮⼤学国際学部附属多⽂化公共圏センター国際平和と⼈権・⼈道法研究会と藤井広重研究室(感染症と平和・⼈権プロジェクト)は、国連が実施しているGlobal Week to #Act4SDGsへ参加し、「コロナ禍のもと、国際人権について考える」と題したオンラインでの連続講演会を開催します。詳しくはチラシもご覧ください。高校生、大学生、一般の皆様のご参加をお待ちしています。


宇都宮大学ウェブサイト:https://www.utsunomiya-u.ac.jp/topics/education/009243.php  【プログラム】 ●1日目(2021年9月17日(金)16:00~17:30) 『⼦ども達を取り囲む課題の解決に若者はどう参加する︖ 〜SDGsとCOVID-19を背景に〜』 講師:川⼝真実(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)

司会:菊地翔(国際3年) 

コメンテーター:鈴木ひとみ(国際3年)  伊藤翼(国際2年) ●2日目(2021年9⽉24⽇(⾦)16:00〜17:00) 国際学部 藤井研究室所属学生による国際人権法模擬裁判のデモンストレーション(英語) *宇都宮大学の関係者/学生と高校生の方を対象としています。 ●3日目(2021年10月1日(金)16:00~17:30) 『難⺠⽀援の現場と近年の動向』 講師:古本秀彦 (JICA/国際協⼒機構上級パートナーシップ専⾨官)

司会 新井廉(国際3年)高橋この葉(国際2年)

コメンテーター:鈴木ひとみ(国際3年) 森裕翔(国際2年)    【会 場】 オンライン(Zoom) ※要申込 【申込方法】 以下のページからお申込みください。 https://forms.gle/WHFXDjkgToApR395A 講演開始までに、Zoom接続のご案内をメールにてお送りいたします。各回最大100名を予定しておりますので、お早めにお申し込みください。 【問い合わせ】 国際学部 准教授 藤井広重 E-mail: fujiih※cc.utsunomiya-u.ac.jp (※を半角@に置き換えてください) 研究室HP:https://www.fujiih.com/ ◆本プロジェクトは国連が実施しているGlobal Week to #Act4SDGsに参加していますhttps://act4sdgs.org/


なお、昨年の実施した「SDGsの達成に向けた国際機関の活動とキャリア形成の視

点」については次のウェブサイトからご覧いただけます

https://uuair.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=12768&item_no=1&page_id=13&block_id=58)。