• Hiroshige FUJII

海外出張報告の掲載

ウガンダ共和国とエチオピア連邦民主共和国への調査出張の報告書(アフリカと国際的な刑事裁判所:ローカルとグローバルとの峡間からの展望)が科研費基盤研究(S)「アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究のウェブサイトに掲載されました。

https://www.africapotential.africa.kyoto-u.ac.jp/mms/fieldrepo/fujii201901


2020年度稲盛研究助成に採択いただきました。研究題目は「アフリカにおける国際的な司法介入後の『レガシー』をめぐる実証研究:ICC被害者信託基金の活動を中心に」です。






最新記事

すべて表示

Newly published「持続可能な開発目標(SDGs)の地域社会における実践と課題 − SDG16(平和と公正)をめぐる国際規範と地域性についての試論−」他

・「持続可能な開発目標(SDGs)の地域社会における実践と課題 − SDG16(平和と公正)をめぐる国際規範と地域性についての試論− 」宇都宮大学国際学部研究論集 第50号 109 - 120頁、2020年9月。 ・Global Week to #Act4SDGs の期間に合わせ、連続セミナー「SDG16(平和と公正をすべての人に)の達成に向けた国際機関の役割と現場から見える今後の課題」を開催しま

Newly published「司法および人権アフリカ裁判所設置議論の変容:国際刑事裁判所との関係性からの考察」

「司法および人権アフリカ裁判所設置議論の変容:国際刑事裁判所との関係性からの考察」アフリカレポート   57 61-72   2019年9月   [査読有り] また、今秋は以下にて研究報告を行う機会を頂いております。 ・11月3日 新潟県立大学 日本平和学会2019年度 秋季研究集会自由論題部会「アフリカと国際刑事裁判所をめぐる関係性についての実証研究 ――アフリカ連合とローマ規程締約国会議での議

Copyright  since 2018 Hiroshige FUJII All Rights Reserved.